たりっち釣遊記

神奈川を中心に房総や伊豆周辺の海で、主に家族で釣りや磯遊びを楽しんでいます。気軽にコメントください!

子供と一緒に、はじめての海上釣堀 【2017.3.11 みうら海王】

      2017/04/12

先週末11日(土)に、子供と一緒に初めての海上釣堀に挑戦してきました
いろんな釣り番組でも、子供や女性が大物を掛けて足元ふらふらしながらも頑張って釣り上げる姿を見て、うちの子供にも是非あれを味あわせてやりたいと思ったのですが・・・

最近まともに魚を釣っていない娘に・・・

ここ最近渋い釣りが続いていて、特にうちの子供はほとんど魚の引きを味わっていない状況が続いていました
このまま同じ状況が続くと、もう釣りには飽きたと言われそうなので、これからも娘と一緒に釣りに行きたいパパとしては何とかしないといけません(笑)
そんな中、2月に「GO!GO!九ちゃんフィッシング」の海上釣堀の放送を見て、あそこだったら掛かれば大物確定だし、子供にも楽しい思いをさせてやれるんじゃないかと思い、子供を誘ってみました

どこに行くか?

海上釣り堀もいくつかありますが、私の運転で行ける範囲だと、三崎にある「みうら海王」か城ケ島の「J’sフィッシング」あたり
場所は近いですが、料金・釣りができる時間・制限事項等がいろいろ異なるようです

今回は、親娘2人組でも、竿を出すのが同時に一本だけなら大人料金+見学者料金でOKと言われた「みうら海王」に行ってみることにしました!

餌を豊富に!

とりあえず初めての海上釣り堀なので、マルキューのモニターの担当の方にお勧めのエサなどを教えてもらいました
まずはマルキューさんからの『マダイスペシャル』、『マダイイエロー』、『マダイストロング』の練りエサ三種と、『特鮮むきエビ』、『くわせきびなご』、『くわせオキアミスーパーハード(BIG L)』
また、以前使った『くわせ丸えびイエロー』の残りが数匹分冷凍庫にあったので、それも持参

後は前日にスーパーで「サバ」と「イワシ」を買ってきて切り身に加工したものを用意しました
なお、練りエサ以外のエサには、現地で『アミノ酸α』をたっぷりまぶして使用します

マルキューアミノ酸α
マルキュー アミノ酸α
メーカーのホームページで製品情報を見る
通販サイトでこの商品を探す

それらをどう使えばいいかは、録画していた「GO!GO!九ちゃんフィッシング」や、ハンター太田さんと林名人が解説してる動画なども見て、事前にいろいろ研究(笑)

本当は他にも勧めてもらったエサがあったのですが、教えてもらったエサ屋さん、我々が行った時間はお店が空いてませんでした(^^;;;

受付~移動

ホームページによると、7時集合7時半出港となっています
実際には6時半くらいにうらりのトイレ脇の鍵が開きますので、7時前から乗船名簿への住所氏名などの記載とともに受付と利用料の支払いを行います
ちなみにレンタル竿や各種エサなどはすべて渡船を降りた後、現地で購入でした

この日は団体も数組あり、個人客も結構多かったので、受け付けは行列になってました
というわけで、船に1回では乗りきれないので、三崎港うらり前から2便に分けての出航です!
以前、海外テトラのある白石(二町谷)港から渡っているのを見たことがあったのですが、あれは特別な時だけで、普通はうらり前からの乗下船のようですね

といういうわけで、2便目に乗船し、いざ出航です
全員が港で乗船前にタックルの準備は済ませていて、すぐにでも釣りが始められる状態です
みうら海王 出航

そんなに大きな揺れもなく、船酔いもせずに白石(二町谷)港沖提裏にある釣り堀に到着
みうら海王 到着

貸し切りのお客さんたちは第一便で到着して既に釣りを始めています
個人客の方はこの日45人だったそうで、15人ずつ3つのいけすに分かれるということで、いざ抽選

正直釣り座に関しては全く何の情報もなかったのと、2便目で到着したので後ろの方にいたのもあって、最初の2つのいけすの抽選には参加せず、3つ目のいけすの抽選に子供が挑戦
しかし引いたのは一番最後の番号(笑)
自動的に最後まで余っていた、2番筏の左側の下寄り角に釣り座決定
みうら海王-筏の配置図

いざ実釣!

ちなみにタックルは貸竿を使用
何せ釣り座に着いたのが最後だったので、まずタナ取りを済ませて・・・というところですぐに釣り開始になりました

慌ててまずは練りエサからスタート

・・・が、なんとスタートから2投連続でいけすの網に根掛かり!!!

向かい風が吹いていて、風が吹き付けるたびにウキが手前に傾いた状態で移動してきます
そのせいでだんだん浅くなっているところに移動してきてしまったために根掛かってしまったようです
おまけに最初、根がかったラインを切るのに苦労したりして時間ロス・・・

というわけで、少し手前目でタナ取りをし直して釣り再開

周りの筏で歓声が上がってますが、私のいた筏では、私たちの対角線上にいたおじさんが一人真鯛爆釣!
隣のカップルもスタッフさんの手ほどきを受けながらポンポン釣ってます
あと向かい側でポツポツですが、私のいる側と右側の列の人は渋い感じ
風なのか潮なのか分かりませんが、皆さんやや右より手前に向かってウキが流されるので、深い方に流されてる人は釣れるけど、浅い方に流される人は苦戦してる感じだったんでしょうか???

痛恨のバラシ

エサを何に変えてみても、あまりにも反応が無いので、だんだん周りの筏の歓声が気になり始めます(笑)
私が竿を持ってた時、左後ろの筏でひときわ大きい声が上がったので、後ろを振り返っていると、子供が慌てたように声をかけてきます
見るとウキが水中に!!!
慌てて軽く合わせてみたら、ずっしりとした手ごたえ
やがて水中に暴れる真鯛の姿が!

・・・と思った瞬間、ふっと軽くなって、真鯛が逃げていきました
ちなみにこのとき使ってたエサは『マダイイエロー』でした
海上釣り堀 付けエサ

マルキューマダイイエロー
マルキュー マダイイエロー
メーカーのホームページで製品情報を見る
通販サイトでこの商品を探す

それから数時間・・・

そこから数時間、2人で時々交代しながら竿を出しますが、我々のウキにはピクリとも反応がありません
気が付くと、あれだけ爆釣していた対角線の人も釣れなくなった様子
たま~に誰かが真鯛を釣り上げつつ、全体的に静かな時間が過ぎていきます・・・
借りてたタックルはかなりごついものだったので、一応、予備で持ってきていたショアジギング用の竿とカゴ釣りで使っているしょぼいリールを使って真鯛用の仕掛けをセットし、子供にそっちで釣らせつつ、借りたタックルのウキやクッションゴムオモリを大きくし、泳がせのタックルも準備
エサの活きアジは5匹1000円で到着時に購入してました

というわけで途中、青物放流で皆さん一気に泳がせ釣りに仕掛けを変更し、気合が入りますが、周りの筏はともかく、私のいた筏では、誰一人青物を掛けることもなく・・・
大物に備えて私が竿を握ったのですが、うちのアジもいつまで経ってもいけすの中を元気に泳ぎ回っています(笑)

そのうち、針から外れたり交換されたと思われるエサ用のアジが海中2m位のところを悠々と泳ぎまわっているのがずっと見えてる状態に(笑)
泳いでいるアジが時間とともに1匹から2匹になり3匹になり・・・最後は何かの稚魚の群れがいけすに入ってきて泳いでたりして、ああ、今日はきっと青物釣れないんだな・・・とそれを見ながら思ってました(笑)

スタッフの方の助けで

その後、見学者以外の全員にヒラメが配られたのですが、その際うちの空っぽのスカリに気づいたスタッフの方が、仕掛けなどをチェックし、その前に放流したばかりのクロソイを狙って釣ってみてくれることに
『くわせきびなご』を針に付け、角の部分で誘いを掛けると、しばらくしてクロソイが掛かりました
子供に釣り上げさせてくれようとしたのですが、間が悪いことに何かしようとして手がふさがっていた子供に代わって私が巻き上げることになりました
上がってきたのは、恐らく卵を持っているんでしょう、丸々としたお腹のクロソイでした

マルキューくわせきびなご
マルキュー くわせきびなご
メーカーのホームページで製品情報を見る
通販サイトでこの商品を探す

苦労の末に

その後もしばらくスタッフの方がクロソイを釣ろうとしてくれたのですが、何も掛からず、子供にチェンジ
我々のあまりの釣れなさに可哀そうに思われたのか、残りの時間2人でやっていいよと言われたので、2人で同時に竿を出せることに
しかし、真ん中近くの深めのところを狙っていた私には、その後も一切何も掛かることはありませんでした(涙)

一方で、ずっと角でクロソイを狙っていたうちの子供が、とうとう何かを掛けます
浮いてきたのはようやく顔を見ることができたマダイ!
マダイ みうら海王 釣果 2017.3.11
釣り堀といえども、45cmクラスのマダイの引きとそれを釣り上げたときの充実感、この日はこれを子供に経験させたかった!
ちなみにエサは『アミノ酸α』をまぶしたサバの切り身でした

これでちょっとテンションが上がった子供は、同じく鯖の切り身でその後もマダイらしき魚を掛けますが残念ながらバラシ
最後は、ラスト15分といわれた中で、イワシの切り身で隣にいた私の方に横走りする青物らしき魚を掛け、弧を描いた竿先を海中に突き刺しながら一瞬耐えますが、アワセをしていなかったらしく、こちらもフックアウトでばらしてしまいました

最終的に・・・

結局釣果としては子供が釣りあげたマダイ1匹のみ
あとはスタッフに釣ってもらったクロソイ1匹とお土産のヒラメ1匹
クロソイもおいしい魚ですが、この日完全坊主の人はヒラメ一匹とマダイ2匹もらえてたので、マダイ2匹をどう料理するかいろいろ考えてた我々には微妙な感じ?(笑)
みうら海王 2017.3.11 釣果&お土産
ただ、それでも子供は最後に多少大物の引きを味わえて、楽しさとともに上げられなかった悔しさもあったのか、「またもう一度行こう!」と何度も言ってました

また、駐車場で隣に車を停めてた人は、もう200回以上来てるベテランの方だったようで、この日も結構釣ったらしい
我々がトイレに急いでいたこともあってあまり詳しくは聞けなかったのですが、やはり海上釣り堀にも、いろいろコツとかがあるようですね

できれば平日混雑していない時に行って、スタッフの方にもっといろいろ釣り方を聞きながらやってみたいところです

データ
釣行場所 神奈川県三浦市白石町 海上釣り堀「みうら海王」
釣行時間 3/11 8:15~13:15
潮(潮MieYell:城ケ島) 大潮 満潮:4:16, 15:38 / 干潮:9:55
気温(気象庁:三浦) 曇りのち晴れ・5.7~10.9度
水温(海況図より) 13度

釣果
ウキ釣り&泳がせ釣り ボーズ
子供 ウキ釣り マダイ 1匹(42cm)
お土産他 クロソイ 1匹(36cm)
ヒラメ 1匹(44cm)

持って行ったタックル
Rod SHIMANO COLTSNIPER BB S1000MH
Reel SHIMANO 12 AERNOS 4000
Main Line リール付属ナイロン糸 4号
Float ささめ針 海上釣り堀セット 真鯛用
ハリミツ 釣堀フロート 青10号
Leader 東レ トヨフロンスーパーL EX 4号
Hook がまかつ 伊勢尼 金 11号
VARIVAS 海上釣堀 大物専用システム 釣13号/ハリス8号

付けエサ
マルキュー マダイスペシャル 1袋
マルキュー マダイイエロー 1袋
マルキュー マダイストロング 1袋
マルキュー アミノ酸α 1セット
マルキュー 特鮮むきエビ 1袋
マルキュー くわせきびなご 1パック
マルキュー くわせオキアミスーパーハード(BIG L) 1パック
マルキュー くわせ丸えびイエロー 数匹分
サバの切り身 1/2匹分
イワシの切り身 1匹分
活きアジ 5匹

 - 10328.三崎・みうら海王 , , ,

↓↓↓ブログランキングに参加しています↓↓↓
GyoNetBlog ランキングバナーにほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑応援よろしくお願いします↑↑↑

Comment

  1. ミノル より:

    お疲れ様です(^^)
    子供さん釣れたんですね!
    やったー(^^)

    僕の勝手なイメージで、『勝手に釣れるんじゃないか?』は大間違いですね(^^;;
    子供さんがまた行きたいと言ってるなら良かったですね!

    200回のベテランさんて、金額計算しちゃいますね(笑)

    • たりっち より:

      >ミノルさん
      いやぁ、子供に1匹でもかかってくれて助かりました
      私も青物はともかく、真鯛は4~5枚は釣れるんじゃないかな位の軽い気持ちでいたんですよ(笑)
      まさかまさか、竿を出してる時間が子供より短かったとはいえ、自分が坊主食らうとは予想もしてませんでした(^^;;;
      あと、200回は驚きましたね
      私なんか2回目も考えちゃうのに(笑)

たりっち にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

みうら海王 釣果 2017.4.10
家族で海上釣堀に行って釣り三昧【2017.4.10 みうら海王】

春休みが終わってしまう子供に、私と相方が休みのスケジュールを合わせ、10日(月) …

  お友達ブログ

  釣りガールブログ